千代正行

千代正行 ちよまさゆき

日本のミュージックシーンにおいてトップクラスのギタリストとして、
毎日どこかのレコーディングスタジオに呼ばれ、
アーチストアルバム・CM・映画・テレビなど、
様々な音楽制作に携わり、その数1000作品以上。

NHK大河ドラマ「篤姫」のエンディングをはじめ、ドラマ・CMなどでアコースティックギターの音色が聴こえてきたら、かなりの確率で千代正行の演奏とも言われている。

その実力から、「アコギの千代さん」として数々の有名プロデューサーやアーティストから信頼を得て、竹内まりや、森山良子、石川さゆり、中森明菜、鮫島由美子(オペラ歌手)などのコンサートやレコーディングに参加。

2007年8月,
セルフプロデュースによる自身のアルバム『Bouillon ブイヨン』を発売。
NHK教育テレビ「サイエンスZERO」のテーマ曲を含む待望のソロアルバムが話題を呼ぶ。
また時を同じくし、2007年10月堀澤麻衣子10周年記念CD『素晴らしい世界』のレコーディングに参加する。
互いの音楽性に共感し、2008年4月、ユニットを結成することを決定。
天空で聴く『歌うギターと奏でる歌』をテーマに、活動を開始する。


【主な作品】
〔参加アーティスト〕
竹内まりや・島谷ひとみ・石川さゆり・中森明菜・木村大・鮫島由美子(オペラ歌手) 他多数

〔テレビ〕
NHK大河ドラマ「篤姫」、NHKサイエンスゼロ、NHK朝ドラ「純情きらり」。民放系ドラマ

〔映画・アニメ〕
映画「冷静と情熱の間に」・「ポケットモンスター」・「ドラえもん」・「宇宙戦艦ヤマト」・「火の鳥」

〔コンサートサポート〕
森山良子、鮫島由美子、石川さゆりなど他。

千代正行 オフィシャルホームページ http://web.me.com/chiyohome/


堀澤麻衣子

堀澤麻衣子 ほりさわまいこ

幼少の頃から、生死の最前線で身を粉にして働く 家族の背中を見ながら育つ。

命を救う道に身を捧げる者がいる一方、世界には人が人を殺す戦争があるという現実を、生々しい映像や話を通し両親から教えられ、命の大切さ、戦争の惨さを知る。

10才で音楽活動を始め、海外で歌う機会を得る。
そこで、世界の人々と言葉が通じなくても分かり合える歌の普遍性、歌う事の喜びを体感し、歌なしでは生きていけないという思いから歌手になる事を目指す。

29歳の時、祖父は自身の癌が末期と知りながら、それでもなお患者の治療にあたるなど、言葉通り医療に献身的な生き方をした医師であった。
死の数週間前から最後の瞬間までの付きっきりの看病の中、祖父が最後に言い残した。
「罪のない人が傷つけられる事のない、争いのない世界はこの先もこないのか・・・」という言葉に、自分の死が目前であるにも関わらず世界の人の命が救われるように・・・と願うその生き様にいいようのない感銘を受ける。
その遺志を継ぎ、その想いを歌に籠めて"世界平和・愛"を歌う道に生涯を捧げる決意をする。


【経歴】
国立音楽大学声楽科卒。藤原歌劇団オペラ歌手育成部卒。
国内をはじめNew Yorkなど海外でもソロコンサートを開催。
ヒ−リング系デビューアルバム「ソル・アウラ・ヴィータ〜太陽・風・生命〜」は、関西ヒ−リングチャート1位をマーク。01年J'aime chanterコンテストにてフランス大使館賞を受賞。
06年3月アニメ「エウレカセブン」の主題歌内でアマージンググレイスを歌唱し、全国チャート8位を記録。

ほか作品に、映画「チャリーとチョコレート工場」ほかCMソング、ジュビロ磐田応援歌を歌唱。
作詞作曲をアニメ・CM、ジャニーズJr.などに提供している。

2007年、歌手活動10周年記念CD『素晴らしい世界』を発売。
そのレコーディングをきっかけに千代正行と出逢う。
一弦一弦、繊細な音色で心象風景を表現するかのようなアコースティックギターの調べに、感銘を受けた堀澤は、2008年4月、ギターリスト 千代正行とユニット結成、活動を開始。
新曲をお届けするHPは、検索エンジンにて「アマートムジカ」で検索。

堀澤麻衣子 仕事履歴
http://www.horisawamaiko.com/work.html

Re-Birth 〜きっと変われる〜
宇宙からの贈りもの
ニュース
プレゼント曲
iTunes
プロフィール
NPO活動
CD・DVD販売
ダイアリー
サポートクラブ
公演依頼
問合せ
リンク